MQL4 iBands ボリンジャーバンドのインジケータを作成


トレンド系のインジケータとしてボリンジャーバンドは人気があります。このインジケータを作成してみましょう。




ボリンジャーバンド

 
ボリンジャーバンドはMQL4ではiBands()関数を使います。
 

Ref: iBands – MQL4 Documentation
 

 

サンプルコード

 

 
このサンプルではデフォルトで+/-1σのボリンジャーバンドを表示するためにiBands()をMainと+1σ,-1σの3つを記述しています。+/2σはパラメータで標準偏差を2にすることで可能です。(つまりMT4にあるものと同じ)

#property strict
を宣言することでコンパイラが厳しく警告を出してきますが、

のパラメータがコメントアウトした「標準偏差」と表示されます。

 
 
References:
Program Properties (#property) – MQL4 Documentation
iBands – MQL4 Documentation
ENUM_TIMEFRAMES – MQL4 Documentation
Price Constants – MQL4 Reference


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする