Visual Studio Code をMQL4のエディタとして使う


MQL4のコーディングでMetaEditorの代わりに使えるものがないかと探していましたら、Visual Studio Codeがありました。これのいいところは矩形選択やGrepができるのでファイルを横断して検索できます。

notepad++というのもあったのですが、MT4の改変で使いづらくなったようなのでVS-Codeにしました。




Visual Studio Code

 
まずはダウンロードです。
Visual Studio Code

こちらから、Windows版をダウンロードします。MacやLinuxがありますが、コンパイラーと関連付けをしたい場合はMetaEditorがいるのでWindowsにしたほうが苦労はありません。

ダウンロード後はインストールを始めます。

VS-Codeがインストールされました。


 

目次
1. Compile Setting
2. Tips
 

Compile Setting

 
コンパイラーを設定しましょう。
左にあるExtensions(拡張)から検索窓でMQL4を調べるといくつか候補が出てきます。
MQL4 Syntax Highlight の「install」をクリックしてインストールしておきましょう。
 

 
次に、compilemql4 があるのでそれも「install」します。
 

 
READMEを読んでおきましょう(何故かここだけ日本語になっている…)

  • MetaEditorがインストールされている必要がある
  • 「Compile After Save」にチェックをいれると保存時に自動的にコンパイルできる
  • Metaeditor.exeのパスを設定する必要がある
  • header ファイルをコンパイルする場合はIncludeのパスを設定することでできる
  • コンパイルログが出力されるが、出力先を設定することも可能

metaeditor.exeのパスを設定するために、設定アイコンから「Extension Settings」を開きます。
 

 
metaeditor.exeのパスを設定
 

 
例として、MT4に既にある MACD sample.mq4 を取り込んでコンパイルしてみます。保存で自動コンパイルできるのでメニューから保存を選択、あるいはCtrl+S
 

 
問題なくコンパイルできています。
 

 

Tips

 
Grepのやり方:
「Edit」「Find in Files」 あるいは、
Ctrl+Shift+F でファイルをまたいで検索ができます
元々これがやりたかったので
 
矩形選択:
Shift+Alt+マウス左クリックのままで矩形を選択するとできます。
あるいは、
Shift+Alt+Ctrlから矢印を使って範囲を選択
 
Indentの設定:
右下にSpaces: 3
とありますがここをクリックすると設定が出てきます。
TabsとしてあるいはSpacesとして設定が可能
 
Themeの設定:
「File」「Preferences」「Color Theme」から色合いを変更
defaultではDark+になっていますが、明るいテーマ色(Light+等)に変えたりできます。
 
ファイルの比較:
「Explorer」からファイルを「Ctrl」を押しながら選択
右クリックで「Comppare Selected」

これで2つのファイル差分を表示される

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする