FXの実効レバレッジと最大レバレッジとは

FXでレバレッジが25倍できるから少額の証拠金でも大きく利益を出せると言われるのですが、一体それはどういう意味を持っているのでしょうか?

Leverage

 
Leverage:レバレッッジとは「テコ」という意味です。
 
少ない証拠金をテコに大きな取引を行うということです。
しかし、あまりその内容を確認しないでトレードしている人多いような気がします。
 

 

最大レバレッッジ

 
単純な例として
1米ドルが100円で取引されているときに
1万通貨の米ドルを買う時にいくら必要かと言うことです。
 
100万円あれば1万米ドルを取得できます。これが「レバレッジ1倍」の状態です。
外貨貯金のようなものですね。
 
最大レバレッジ25倍までというのは
 
4万円の資金で100万円の取引ができるということで
あるいは、100万円の資金があれば2500万の取引ができるわけです。
 

Point !証拠金(4万円) x レバレッジ(25倍) =
取引通貨量(100万円 = 1万米ドル)

 
という式になります。
これは400米ドルで25倍の10000米ドルと取引できるのでテコの原理で25倍の取引を行うということです。
 

 
ところが実際にこれをやるとちょっとした価格の変動でマージンコールやロスカットになってしまいます。
(マージンコールやロスカットはFX業者によって基準が異なります。)
 
最大レバレッジ25倍は、証拠金の25倍までの通過ペアの取引ができるということです。
 

 

実効レバレッジ

 
証拠金が10万円で1万米ドル買うと、上の式からレバレッジを計算できます。
 

Point !取引通貨量(1万米ドル)/証拠金(10万円) = レバレッジ(10倍)

このレバレッジ10倍というの実際のレバレッジなので実効レバレッジと言います。
 
最大レバレッジ25倍まで許容されている口座で、現在10倍の取引をしているということで、まだ多少余裕はあるわけです。
 
資金量にもよりますが、個人的にはレバレッジは2~3倍程度で十分だと思います。